読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現代思想読書会、第二回のご報告と第三回のご案内

現代思想読書会第二回のご報告

場所は福岡市NPO・ボランティア交流センターあすみんの会議室をお借りしての読書会です。ここは交通の利便がよくて、天神から歩いて行けますし、施設もきれいで、とても使いやすい所です。あとで改めてご案内しますが、第三回も同じ場所で開催します。(部屋は前回とは別になります)

初参加者2名、合わせて8名の参加となりました。テーマは「創造の潜在性、出来事について」でした。ひとくちに出来事といっても、テキストではふだん私たちが使っているのと、また別の意味で使われていて、「出来事をこのように考えるのか!」と、とても興味深い話でした。

現代思想読書会

ホワイトボードがありましたので、さっそく使っています。こういうのがあると、イメージを共有しやくなりますね。数学の抽象的イメージも今回でてきました。

現代思想読書会
さすがに濃ゆい内容でしたが、その分率直に自分の意見を出して人に投げかけてみないと、理解が進みづらいかも…と感想を持ちました。

次回参加するときは私も分からないなりの意見を出してみたいと思います!

現代思想読書会第三回のご案内

さてさて、そんなこんなで早くも第三回目となる読書会を開催いたします。

=開催概要=

日時:3月20日(月・祝)

場所:福岡市NPO・ボランティアセンターあすみん(天神クラス4階セミナールーム)、福岡市中央区今泉1-19-22

テキスト:『ドゥルーズと創造の哲学 この世界を抜け出て』 第3章「被造物という監禁状態」

※未読でも参加可能です。前回未参加の方は、前回分のテキスト要約のレジュメをご参考いただけます。

参加申込みはこちらから!

atnd.org