読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現代思想読書会、第三回のご報告と第四回のご案内

現代思想読書会第三回のご報告

昨日、第三回となる読書会に参加してまいりました。場所は前回に引き続き、福岡市NPO・ボランティア交流センターあすみんです。

今回の内容では、これまでの読書会でやってきた内容がようやく社会的な部分へとつながり始めた、そんな印象が持てた内容でした。

具体的には、カントの思想だったり、精神分析におけるオイディプス、ラカンのシェーマLといったものから、地域のコミュニティ、福祉といった社会的なものまで幅広い内容にスポットが当たることになりました。

これまでの読書会では「ドゥルーズさん、あなたの言わんとすることは、まがいなりにではあるかもしれませんが、一応私たちにも分かるようです。しかし実際の問題に対して、あなたの思想はどのような意味を持つことができるのか?」という疑念があったのですが、それが少しだけ見え隠れしてきた回だったかもしれません。

抽象的な概念が実践的なレベルにまで浸透するようになると、自分の生活の反省材料になったり、勇気づけられることがあったりして、たんなる概念の遊戯ではない面白さがあるなぁと思った次第です。

いまやっているテキストは正直、読みやすさの面ではハードではあるのですが、その分、やった後に得るものは少なくないのでは?という期待も持つことができました。

(そんなハードな読み物だからこそ、一人で読むだけではなく、人の意見を聞いたり、自分の意見を言ったりする場を利用する、というのも読書会の一つの有り様としてはアリなのかな、なんて思います)

現代思想読書会第四回のご案内

そんな現代思想読書会ですが、第四回目を4月2日(日)の午前10時~午後1時に、場所は今回同様、あすみんさんにスペースをお借りして開催いたします。

テキストは『ドゥルーズと創造の哲学』の第4章「創造的減法」になります。

シリーズものですので途中参加は躊躇されると思うのですが、章ごとできちんと内容はまとまっていますし、疑問などあれば質問していただければその場の誰かが応答してくれますので、気軽に参加していただければと思います。

たんに「どんな感じなのか見学だけしたい(意見を述べるのはちょっと…)」というのも全然OKです。自分で読書会や勉強会を開く参考にしたい。現代思想ってどんな感じなのか興味がある。…などなど、気負う必要のない読書会(未読でも参加可能だったり)ですので、何かのきっかけになれば幸いです。

参加応募はこちらから

atnd.org